2013年11月2日土曜日

秋の俳句を書く  蓑虫




ミノガ科のガの幼虫。体から分泌した糸で樹木の枝や葉を綴り、
蓑(雨具)のような巣を作ってその中に潜む。
枝にぶら下がって揺れる様は寂しげ。鬼の子ともいう。

0 件のコメント:

コメントを投稿