2013年6月9日日曜日

夏の俳句を書く まいまい

ミズスマシ科の小型の甲虫。楕円形で黒く、光沢がある。
水面に落ちてきた虫などを食べる。
背と腹に一対ずつ目があり、空中と水面の両方が見えるらしい。
昆虫学はミズスマシだが、関西では、アメンボをミズスマシと呼ぶのでややこしい。

まひまひの廻りつづけて生きてをり  伊藤政美





0 件のコメント:

コメントを投稿