2013年5月8日水曜日

晩春の俳句を書く アネモネ




キンポウゲ科。
地中海沿岸の原産で、明治初年に渡来した。
球根からてのひら状の葉を出し、三十センチくらいの花茎を数本出して、芥子に似た花を開く。
色は赤、ピンク、紫、青、白など。

アネモネや千里の先に吾を置き栗林千津

0 件のコメント:

コメントを投稿