2013年5月21日火曜日

初夏の俳句を書く  著莪の花


アヤメ科の常緑多年草。山野の樹下や社寺の裏地など湿地に群生する。
剣状の葉は光沢があり、五、六月に咲く花は白色に紫や黄の斑があり美しい
蝶に似ていることから胡蝶花とも言う
朝開いて夕には閉じ、実は結ばず、地下茎で増える。

姫著莪の花に墨する朝かな杉田久女

0 件のコメント:

コメントを投稿