2013年5月14日火曜日

初夏の俳句を書く カルガモの子

四月から七月にかけて産卵されるカルガモの子供。色は大体褐色。
湖沼、河川、池など淡水の水辺におり、都市の公園などでも見ることが出来る。
成長した小鴨が親鴨の後をよちよち歩く姿は愛らしい。

軽鳧の子のみんな同じでみなちがふ  市川葉


0 件のコメント:

コメントを投稿