2013年5月13日月曜日

初夏の俳句を書く 葉桜


初夏、花が散って若葉となったころの桜をいう。
花が散って葉桜になってしまったという惜しむ思いと、
桜若葉の美しさを愛でる思いが交錯する季語である。
子季語の「花は葉に」は、葉桜を眺めながらも散り果てた花を忍ぶ思いがある。

葉桜や人に知られぬ昼あそび  永井荷風

0 件のコメント:

コメントを投稿