2012年5月19日土曜日

2012年5月16日水曜日

臨書 黄庭堅「李太白憶舊遊詩巻」



    分飛楚關山水遙 
餘既還山尋故巣
君亦歸家渡渭橋   
君家嚴君勇貔虎   
作尹並州遏戎虜   
五月相呼度太行   
摧輪不道羊腸苦

2012年5月15日火曜日

臨書 黄庭堅「李太白憶舊遊詩巻」


   


  分飛楚關山水遙 
  餘既還山尋故巣
  君亦歸家渡渭橋   
  君家嚴君勇貔虎   
  作尹並州遏戎虜   
  五月相呼度太行   
  摧輪不道羊腸苦   

2012年5月14日月曜日

臨書 黄庭堅「李太白憶舊遊詩巻」




  銀鞍金絡倒平地   
  漢東太守來相迎   
  紫陽之真人邀我吹玉笙 
  餐霞樓上動仙樂   
  嘈然宛似鸞鳳鳴   
  袖長管催欲輕舉   
  漢中太守醉起舞    
  手持錦袍覆我身   
  我醉橫眠枕其股   
  當筵意氣淩九霄   
  星離雨散不終朝   
  分飛楚關山水遙   

2012年5月13日日曜日

臨書 黄庭堅「李太白憶舊遊詩巻」



  

  銀鞍金絡倒平地   
  漢東太守來相迎   
  紫陽之真人邀我吹玉笙 
  餐霞樓上動仙樂   
  嘈然宛似鸞鳳鳴   
  袖長管催欲輕舉   
  漢中太守醉起舞    
  手持錦袍覆我身   
  我醉橫眠枕其股   
  當筵意氣淩九霄   
  星離雨散不終朝   
  分飛楚關山水遙  

2012年5月12日土曜日

臨書 黄庭堅「李太白憶舊遊詩巻」


  銀鞍金絡倒平地   
  漢東太守來相迎   
  紫陽之真人邀我吹玉笙 
  餐霞樓上動仙樂   
  嘈然宛似鸞鳳鳴   
  袖長管催欲輕舉   
  漢中太守醉起舞    
  手持錦袍覆我身   
  我醉橫眠枕其股   
  當筵意氣淩九霄   
  星離雨散不終朝   
  分飛楚關山水遙   


銀鞍金絡 平地に倒れ
漢東の太守來りて相ひ迎ふ
紫陽の真人我を邀へて玉笙を吹き
餐霞樓上 仙樂を動かす
嘈然として宛かも鸞鳳の鳴くに似たり
袖は長く管は催して輕舉せんと欲す
漢中の太守醉って起ちて舞ひ 
手に錦袍を持して我身を覆ふ

我醉ひて橫眠し其の股に枕す
筵に當って意氣は九霄を淩ぐ
星のごとく離れ雨のごとく散じて朝を終へず
楚關に分飛して山水遙かなり



2012年5月8日火曜日

臨書 黄庭堅「李太白憶舊遊詩巻」


  銀鞍金絡倒平地   
  漢東太守來相迎   
  紫陽之真人邀我吹玉笙 
  餐霞樓上動仙樂   
  嘈然宛似鸞鳳鳴   

  袖長管催欲輕舉   
  漢中太守醉起舞    
  手持錦袍覆我身   
  我醉橫眠枕其股   
  當筵意氣淩九霄   
  星離雨散不終朝   
  分飛楚關山水遙   

2012年5月7日月曜日

臨書 黄庭堅「李太白憶舊遊詩巻」




  銀鞍金絡倒平地   
  漢東太守來相迎   
  紫陽之真人邀我吹玉笙 
  餐霞樓上動仙樂   
  嘈然宛似鸞鳳鳴   
  袖長管催欲輕舉   
  漢中太守醉起舞    
  手持錦袍覆我身   
  我醉橫眠枕其股   
  當筵意氣淩九霄   
  星離雨散不終朝   
  分飛楚關山水遙   

2012年5月6日日曜日

臨書 黄庭堅「李太白憶舊遊詩巻」







銀鞍金絡倒平地   
漢東太守來相迎   
紫陽之真人邀我吹玉笙 
餐霞樓上動仙樂   
嘈然宛似鸞鳳鳴   
袖長管催欲輕舉   
  漢中太守醉起舞    
手持錦袍覆我身   
我醉橫眠枕其股   
當筵意氣淩九霄   
星離雨散不終朝   
分飛楚關山水遙   



銀鞍にまたがり金絡を地面にこすりながら、漢東の太守が我々に会いにやってきた。
紫陽の真人は我々を招待して玉笙を吹いてくれた。
餐霞樓上には仙人の音楽が鳴り響き、そのにぎやかなことは鸞鳳の鳴くようであった。
楽人の袖は長く、吹く笛はたえなる音をたてて空中に舞わんばかりだった。
漢中の太守は醉って舞い、手に持った錦袍を私にかけてくれた。
私といえばすっかり酔っ払い、太守の股を枕にして横になった。
まことに宴会の勢いは天をもしのぐばかりであったが、やがてそれぞれに離散して、
私も昔の塒たる楚關へと引きこもった。


2012年5月4日金曜日

臨書 黄庭堅「李太白憶舊遊詩巻」






銀鞍金絡倒平地   
漢東太守來相迎   
紫陽之真人邀我吹玉笙 
餐霞樓上動仙樂   
嘈然宛似鸞鳳鳴   
  袖長管催欲輕舉   
漢中太守醉起舞    
手持錦袍覆我身   
我醉橫眠枕其股   
當筵意氣淩九霄   
星離雨散不終朝   
分飛楚關山水遙

2012年5月2日水曜日

臨書 黄庭堅「李太白憶舊遊詩巻」



  銀鞍金絡倒平地   
  漢東太守來相迎   
  紫陽之真人邀我吹玉笙 
  餐霞樓上動仙樂   
  嘈然宛似鸞鳳鳴   
  袖長管催欲輕舉   
  漢中太守醉起舞    
  手持錦袍覆我身   
  我醉橫眠枕其股   
  當筵意氣淩九霄   
  星離雨散不終朝   
  分飛楚關山水遙